2006年 06月 15日
タオル
c0006432_9444960.jpg
コカコーラでやってるVタオルキャンペーン

外れた~…llllll(-ω-;)llllll






無理なのは分かってるけど ↓ こんな事言う位なら、いっそ再試合にして欲しい(・∀・)

□国際サッカー連盟(FIFA)のジーグラー広報部長は14日、1次リーグF組初戦で
日本がオーストラリアに1-3で敗れた試合の後半に誤審があり、
日本がPKを得るはずの場面があったと話した。
13日までの1次リーグの14試合でPKがない理由を問われて、
この試合だけがPKとなるべきだったと記者会見で答えた。
ジーグラー部長は1-1の終盤にケーヒルが駒野を倒した場面に言及し
「あれは主審の明らかなミスだった」と話した。

□日本-オーストラリア戦で笛を吹いたアブドルファタハ主審が、
日本の先制点を認めたことについてオーストラリアに謝罪したとの報道に対し、
「試合中も試合後も、この件について全く話をしていない」と真っ向から否定した。
13日付けのエジプト紙のインタビューに応えたもので、
「もし私が何か間違いを犯したとするならば、謝るのは国際サッカー連盟(FIFA)に
対してのみだ。しかし謝っていない。
なぜなら判断は間違ってないから」と潔白を主張した。
ゴール直後にオーストラリア選手に抗議を受けたが、
「これは正しいゴールだ」と明言。主将のビドゥカに「GKは押された。
ゴールは誤りだ。だが、サッカーにはよくあることだ。誰でも間違える。
自分のようなストライカーでも簡単なゴールを逃すこともあるように」と言い寄られたが、
「間違えていない、ゴールは正しい」と厳しい口調で一蹴したと言う。

□豪州のGKシュウォーツァーは12日の日本戦後、この試合のエッサム・アブデルファタ主審が、
日本の得点場面で誤審があったことを認めたと語った。
中村のクロスをGKと競り合った柳沢にファウルがあったというもので、ロイター電によると、
「試合中に僕が主審に聞きに行ったら『自分の間違いだ。申し訳ない』と言われた」という。
審判が試合中に自らの判定の誤りを認めて謝罪することは極めて異例の事態といえる。
同主審はさらに試合後、豪州のビドゥカ主将に対し
「豪州が勝ってくれて、神様に感謝している」と話したという。
これが事実なら、日本の得点後の判定の公平性にまで疑問を抱かせることになる。

[PR]

by soul_summit | 2006-06-15 08:58 | JEFとかFBとか


<< 茸とか黄色い何か。      氷 >>