2012年 06月 07日
1インチ
c0006432_19513185.jpgソニーからDSC-RX100が発表されました。
なんて言うか…待ちに待っていたスペックのカメラ登場です。
基本的に自分はコンデジ至上主義というか、もちろん一眼が良いのは
分かっているんですがイベントカメラになり易いのがネックでして。
自分の性格からして、まぁ普通のお出掛けでは持ち歩かないだろうと。
なので、少し大きくても全てを万能にこなせる高級コンデジが好きなんです。
ただ、やっぱりコンデジには欠点もありまして…センサーに小ささ故に起こるボケ、光量不足とか。
最近とくに一眼欲しいな~…でも持ち歩かないんだろうな~…などと葛藤していたりもしまして。
そんな事思いながらCanonのG1 XFUJIのX10を家電屋に見に行ったりしてた訳です。

そこに来てこのカメラの登場です。センサーサイズは1インチ。APS-Cやフォーサーズに比べるとかなり
小さいですがNIKONのJ1 V1と同じサイズ。これは期待できる感じです。何でか躯体デザインまで…w
クラカメ好きとしてはもう少しメカメカしい方が好きだったんですけど。許容範囲内。
ちなみにセンサーサイズの比較はこの辺のブログが分かり易かったです→PCとオーディオとカメラの備忘録

そしてレンズは嬉しいカールツァイス「バリオ・ゾナーT*」
最近のソニーはSONYレンズを載せてる事が多かったので力の入れっぷりが察せられます。
更に嬉しいのはレンズバリア付き。最近の大口径レンズを背負ったコンデジはレンズキャップの物が多くて…
クラカメ好きなくせにレンズキャップ嫌いなんです。簡単に言うと面倒なんですよね…キャップ。

動画だってきっとハンディカム譲りの実力を発揮してくれるでしょうし他にも盛りだくさん。

むむ。ここまで書いたら、どうせなら同じ機能、大きさでフォーサーズ出ないかな?とか思い出してきた…
ここはオリンパスに期待してみよう。出そうに無かったら…次のカメラ候補…というより直ぐ買いたい;□;
[PR]

by soul_summit | 2012-06-07 20:26 | cameraとか写真とか


<< pro      金星通過 >>