2010年 08月 06日
願ったり
c0006432_19513516.jpgb-mobileがiPhone4用microSIMカードの販売を発表しました。
要はお待ちかねのiPhone4をdocomo回線で使えますよと言う事。
もちろん海外で売ってるSIMロック解除済みのiPhone4が前提の話ですが。
まぁ、特筆すべきは料金ですかね。無料通話1050円分付いて3960円だとか。
softbankの通信品質に不満を抱いてる人なら待ちに待ったサービスでしょう。

ただ、注意しなきゃなのがb-mobileのtalkingSIMは通信速度が遅い事。
ベストエフォートで300kbps超/300kbps超です。微妙です。
あと、いくらdocomo回線でもi-modeはもちろんの事i-modeメールも
使えないでしょうから。まぁ、ひょっとするとdocomoが力技を駆使して
アプリで使えるようにする可能性はありますが極めて低いでしょう。
通信速度に関してはdocomoがどれだけ本気でsoftbank潰しに来るかによって変更はありえそうです。
そして、MicroSIMって事はiPadでの使用も考えられます。データ通信専用プランもあるみたいですし。

まぁ今回の発表で一番喜ぶのは海外から日本に長期滞在する人(又は帰ってくる人)かも知れません。
その人が海外でiPhone4を使っていたらそのままSIMだけ差し替えれば日本で使えますから。

さて、根っからのsoftbankユーザーの自分には何のメリットも無いニュースな感じでもあります。
が、自分はそうは思っていません。あの孫さんの事です、きっと料金的に対抗プランを打ち出すに違いない。
同金額程度の3900円近辺でパケット定額の新プランを出してくるんじゃないでしょうか。
もちろん、そんな事したら利益が無くなり過ぎますからパケット量に制限は付けるでしょうが。

よく孫さんは「2%のユーザーが全体の50%くらいの通信容量を占拠しています」と言っています。
そして、通信制限を掛けている1000万パケットのユーザーは全体の1%程度なんだとか。
恐らくその辺から切り替えて今より高いパケット金額で上限を定めるような2段階制とかでしょうか。

何にせよパケットライトユーザーには今より安いプランが出るのは願ったり叶ったりです。
日本のiPhoneのパイオニアであるsoftbank(孫さん)の意地に期待ですね^^
[PR]

by soul_summit | 2010-08-06 20:13 | iPhoneとか携帯とか


<< 的中      型落ち >>