2010年 05月 15日
特権乱用
NTT東、持ち運べる無線ネット接続器 日本経済新聞

記事一文を引用すると。

NTT東日本は14日、米アップルの「iPad(アイパッド)」など多機能携帯端末をインターネットに
接続出来る小型無線ルーターを6月下旬からレンタルする事を明らかにした。
光ファイバー通信回線「フレッツ光」の契約者を対象に月500円で提供する。
〜中略〜
貸し出すのは手のひらサイズの小型ルーター。公衆無線LANや第3世代携帯電話網から、
高速な通信網を自動的に選んで、多機能携帯端末に中継する。iPadや携帯型ゲーム機、
ネットブックなど屋外でネット接続を楽しむ多機能携帯端末が急速に普及している事に対応する。


SoftBankがiPad WiFi+3Gを独占的に販売すると報じられて一週間ですがキマしたね。
docomoとNTT東日本は別会社でしょうがまさにNTTグループの力技。
孫さんが光の道の論議をしている間にフレッツ光利用者に特権を与えるとは…

とか思ってたんですが、よく見たら(携帯通信料は除く)って書いてある。
やたらiPad、iPadと書いてあったのでてっきり500円での超絶プランを出したのかと思った…

これがdocomoのデータ通信用SIM使ってデータ定額6000円近く取られたら全く論外。
これ用の専用プランが出来れば話しはまた一転してきます。
あと、どうしても急に3Gで使いたいって時に携帯のSIM差してデータ定額の価格で使えるとかなら
それはそれで通常の携帯のパケット定額から追加幾ら程度ですからお得かも知れません。
(もっともdocomoがそのような柔軟なプランを出すようにはとても思えませんが…)
きっと、iPad以外でも例えばiPhoneや携帯ゲーム機、モバイルPCでも利用出来るでしょうし。

どうなるんでしょうね。公式アナウンスが出ないと良く分からんですね。
しかし、NTT東日本は…って、西日本の人はどうなるんだ?
[PR]

by soul_summit | 2010-05-15 13:45 | iPhoneとか携帯とか


<< 賑やかし      Apple in 障子 >>